歯周病になたまめハミガキが効果あるの理由について

口臭の原因になる歯周病対策には、日頃のデンタルケアが重要ですが、最近何かと話題のなたまめ歯みがきは、歯周病対策に効果があると言われています。

なたまめ歯みがきが歯周病に効果的な理由はなんでしょうか?

昔からなた豆は、歯槽膿漏のような歯周病や蓄膿症といった膿を伴う病気の民間療法として用いられてきたと言われています。

これは、なた豆にカナバニンコンカナバリンAといった特有の成分が含まれているためです。

カナバニンには、抗炎症作用や排膿作用、血行促進作用があります。
これらは口内炎や歯茎の出血、腫れなどの歯肉炎の炎症を改善し、歯槽膿漏といった歯周病の改善と予防に効果的に作用します。

またコンカナバリンAには、免疫力を上げる働きがあります。
人間は加齢によって免疫力が低下し、口腔内の歯周病菌や細菌も繁殖しやすくなります。

口腔内には多数の細菌が存在しており、その中に善玉菌と悪玉菌の存在があります。

この2種類の細菌のバランスが歯周病に大きく影響を及ぼし、悪玉菌が優勢だと歯周病の発症や再発のリスクが高まります。

コンカナバリンAが免疫力を高め、口腔内の善玉菌をバランスよくコントロールすることで、歯周病を防ぐことが出来るのです。

このように歯周病対策に有効な成分を含んだなたまめ歯みがき粉は、口臭予防にもつながるため、デンタルヘルスの向上に非常に効果的です。

ただし、なたまめ歯みがき粉に含まれた有効成分は歯周病菌を殺菌するものではありません。
歯周病にならないためには、日頃のデンタルケアを怠らないようにしましょう。
純国産原料で安心!お口のなかをキレイに!『なたまめ歯みがき』