なため歯みがきによるホワイトニング効果・黄ばみも解決!

カナバニンやコンカナバリンAによって歯周病や口臭予防に高い効果を発揮するなたまめ歯みがき。

なたまめ歯みがきに歯を白くするホワイトニング効果や黄ばみの解消にはどの程度の効果があるのでしょうか?

歯の黄ばみの原因には様々なものがあります。

食品からの原因を考えると、チョコレートやカレー、お茶やコーヒー、アルコールなど枚挙にいとまがありません。

また、タバコを吸うことで歯が黄ばむことはよく知られています。
これは歯の表面にヤニが付着することによるものです。

このように私たちを取り巻く日常には、歯の黄ばみの原因となるものが溢れています。

その黄ばみを予防したり改善するには、ホワイトニング歯みがき粉で歯を磨いたり、歯科医院でクリーニングをする方法などがあります。

なため歯みがきのホワイトニング効果は?

では、なたまめ歯みがきにホワイトニング効果が期待できるかという最初のお題に戻る訳ですが、結論としては商品の選び方と使い方によります。

なたまめ歯みがき粉の原料となるなた豆には、カナバニンとコンカナバリンAという成分があります。


残念ながら、これらの成分には顕著なホワイトニング効果は期待できません。
しかし、カナバニンの抗炎症作用には細菌の繁殖を防ぐ効果があります。

そのため歯垢除去や歯茎を引き締めることにより、黄ばみの蓄積を予防することができます。

また、各メーカーが販売しているなたまめ歯みがき粉の中には、ホワイトニング効果が得られる天然由来の研磨剤を含有した商品もあります。
この研磨剤を含んだものを使用すれば、より効果が期待できるでしょう。

大切なのは、日々の歯みがきで時間をかけて隅々まで丁寧に磨き、黄ばみの原因となるものを残さないようにすることです。
毎日のケアを怠らず、輝くような白い歯を手に入れましょう。