知覚過敏への対策に?研磨剤無しのなたまめ歯みがき

知覚過敏とは、虫歯や歯の神経に炎症がないにも関わらず、冷たいものを口にした時などに感じる一過性の痛みのことです。

歯を磨く時にも痛みを伴う知覚過敏ですが、研磨剤無しのなたまめ歯みがきはその対策となり得るのでしょうか?

知覚過敏の原因とは?

歯の構造は一番外側にエナメル質の層があり、その内部に象牙質というものが存在します。身体の中で一番硬いと言われるエナメル質も、様々な要因によって削られてしまいます。

意外にもその原因のひとつに、毎日の歯みがきがあります。
実はほとんどの歯みがき粉には研磨剤が含まれていて、歯の表面に付着した歯垢や着色汚れを落とす効果があります。

しかし、研磨剤入りの歯みがき粉でゴシゴシと強く磨いてしまうと、エナメル質は次第に薄くなっていき、内部の象牙質が露出してしまいます。

エナメル質は削っても痛みを感じることはないですが、対して象牙質は歯ブラシ等で刺激を受けると、しみたり痛みを感じたりするのです。

知覚過敏にならないためにはどうしたら良いでしょう?

まずは歯や歯茎への負担を軽減するために、歯ブラシはやわらかめのものを選択し、軽いブラッシングを心がけることが大切です。そして歯みがき粉は、歯や歯茎への刺激が少ない研磨剤無しのものを選びます。

なたまめ歯みがき粉の中には、研磨剤を含まないものもあります。
しかし、研磨剤無しの歯みがき粉だとデンタルケアとして十分な効果が得られないのではと、心配される方もいらっしゃるでしょう。

ですが、なたまめ歯みがき粉には歯茎の炎症の抑制や膿を排出する効果、免疫力を高めて歯周病を予防する効果があります。

この歯周病の予防が知覚過敏対策にも重要な意味を持ちます。
歯周病が進行して歯茎が後退すると、象牙質が露出して知覚過敏を発症する可能性が高くなります。

ですから、歯周病予防に高い効果を発揮するなたまめ歯みがきは、知覚過敏の予防に非常に有効だと言えます。

知覚過敏になってしまうと、好きな食べ物も美味しく食べることができなくなってしまいます。
正しいデンタルケアで、楽しい食生活を満喫しましょう。