人気のなたまめハミガキに入っているカナバニンの効果とは?

最近よく耳にするなたまめ歯みがき粉には、なた豆特有のカナバニンという天然由来の成分が配合されています。

では、カナバニンが含まれているなたまめ歯みがき粉を使用することで、どのような効果が得られるのでしょうか?

カナバニンとはアミノ酸の一種で、抗炎症作用や排膿作用、血流促進効果、血液・体液の浄化作用があるといわれています。

この抗炎症作用により口内炎、歯茎の腫れや出血といった歯肉炎の改善に効果があるとされています。

そして、カナバニンが持つ最大の効能は排膿作用であり、体の中に溜まった毒素である膿を素早く体外に排出する事が出来るのです。

この排膿作用のあるなたまめ歯みがき粉の使用は、オーラルケアにおいて有効な手段となります。

口臭の原因の一つとして挙げられるものに歯周病があります。

進行すると、強烈なニオイが発生することもあります。

これは歯茎や歯間などに細菌がたまったものが膿になり、それらが悪臭を発生させてしまうのです。

カナバニンの排膿作用には、悪臭を発する膿の生産を抑制し、歯茎にたまった膿を排出させて口臭を抑える効果があります。

なたまめ歯みがき粉を効果的に使用することで、歯周病の症状を緩和したり予防できることは、口臭の予防にもつながるのです。

また、カナバニンには口の中のネバつきを解消する効果も期待できます。
口内のネバつきの原因は、食べ物の残骸や歯垢により、ネバつきの原因となる細菌が大量に発生することにあります。

それ以外にも、歯周病が原因で口内がネバつくことがあります。
ですが、カナバニンはこれらの症状にも効力を発揮し、口内を清潔な状態にしてくれます。

以上の様に、カナバニンには様々な効能がありますが、歯周病菌そのものを殺菌するものではないという点には注意しなければいけませんが、防止効果に関しては優れている天然由来の物質といえます。

より良いデンタルヘルスを維持するためには、定期的に歯科医院で診てもらうことも必要です。

純国産原料で安心!お口のなかをキレイに!『なたまめ歯みがき』