なたまめ歯みがきにアレルギーや副作用は無いのか?

デンタルケアに関して高い効果が期待されているなたまめ歯みがき粉ですが、毎日口にするものです。
アレルギーや副作用がないのか気になる方もいるでしょう。

なたまめ歯みがき粉の主原料にはなた豆が使用されています。

そもそも、なた豆には赤なた豆、白なた豆、太刀なた豆の3種類があります。
白なた豆以外の2つには弱い毒性が含まれており、なたまめ歯みがき粉の原材料として使用されているのは赤なた豆です。

毒と聞いて驚かれるかも知れませんが、ご安心下さい。

赤なた豆に含まれる毒は熱に弱く、なたまめ歯みがき粉への製造過程の焙煎処理により毒性は取り除かれているので、人体には無害です。

また、太刀なた豆は成熟すると毒性がやや強くなりますが、基本的に太刀なた豆がなたまめ歯みがき粉に使用されることはありません。

しかし、微弱とは言えなた豆に毒性が含まれているため、なたまめ歯みがき粉に副作用があると勘違いされている可能性があります。

ですが先にも述べたように、なたまめ歯みがき粉そのものに毒性はなく、副作用はないのです。
ただ、なた豆に含まれる成分を体内に過剰に摂取すると頭痛やめまい、吐き気や下痢などを引き起こす可能性があると言われています。

しかし、歯みがきという行為の特性上、直接的にそれらの成分を体内に取り込むことはないので、必要以上に神経質になることはありません。

ただし、なた豆に限らず、豆に対してアレルギーがある方は注意が必要です。
歯みがき粉とは言え、口に入れるものなので何らかのアレルギー症状を引き起こす可能性はあります。
万が一体質的な原因により、そのような症状が現れた場合には、医療機関で適切な診断を受けるようにしましょう。

純国産原料で安心!お口のなかをキレイに!『なたまめ歯みがき』