歯槽膿漏のくさい口臭の原因と対策とは?

2017年7月4日

歯槽膿漏とは歯に細菌が感染し炎症を起こして歯肉炎の症状が進み周辺の組織が破壊されて、はれたり、出血などを起こすことです。

軽い歯肉炎でしたら、歯科医で歯石を取ったり、正しいブラッシングをすることにより時間はかかりますが、完治せることが可能です。

しかしそのままほおって置くと炎症がドンドン進み、歯を支えている骨まで破壊されて歯がグラグラになり最終的に抜歯しないとならなくなってしまいます。その症状を歯槽膿漏と言います。

 

どうしても、歯の境目とか、歯茎と歯の間はしっかり汚れを落とすことが出来ないのですがそれをほおっておくと、歯垢がつき、細菌が繁殖して歯石になります。歯石は強力に歯にこびりついていますので、もはやブラッシングだけでは落とすことが出来ません。

さらに、歯石に細菌が繁殖して歯肉とはの境目が炎症を起こし、酷くなると歯肉が腫れ、膿がたまるのでぶよぶよになりハミガキをしただけで出血を起こします。

 

そうなる前に繁殖した細菌により 「メチルメルカプタン」とう発揮性硫化物を発生させすのですが、自分が発したにおいは自分では非常に分かりにくく、少しでも歯槽膿漏の症状が出たら他人はあなたの口臭を気がついている可能性が高いと言えます。

これは良く聞く言葉だと思いますが、歯と歯茎の間に出来た歯周ポケットに最近による歯垢が貯まりある程度になると、臭いにおいを発する訳ですが、腐ったタマネギののようなにおいがすると言われます。

歯槽膿漏の予防は?

 

1番の予防は毎日のブラッシングとフロスなどの歯垢を積極的に取ること、定期的に歯医者さんでのチェックですが、電動歯ブラシや抗菌に優れたハミガキを利用する事により予防をすることが出来ます。

まだ、歯周病進んでなく歯肉炎程度の状態でしたら、毎日の電動歯ブラシと殺菌成分が入ったハミガキ良いと思います。

私の好みは液体ハミガキと、電動ブラシ、デンタルフロスです、フロスは夜だけですが中年になったらこのくらいしないと抵抗力も落ちてきますし、このくらいしないと歯周病歯防げないかも知れません。